このブログについて
評価は独断と偏見に基づき、以下のように判断しています。

★★★★★必ず見るべし
★★★★☆良い映画です
★★★☆☆見る価値有り
★★☆☆☆趣味が合えば
★☆☆☆☆お薦めしません

画像をクリックするとアマゾンのサイトが開きます。

間違いや誤記を見つけたら以下のメールにこっそり連絡ください。
coyabu@excite.co.jp
ライフログ
Coming soon

アクセス解析
<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バイオハザード II アポカリプス

シリーズ化決定か?

RESIDENT EVIL: APOCALYPSE
(2004年/カナダ/イギリス)
監督:アレクサンダー・ウィット
評価:★★★☆☆

感想>>More
[PR]
by coyabu | 2005-10-31 23:55 | 映画(は行)
過酷な気象にも耐え帰国

10月12日日本に帰国、仕事は大変でしたが、飛行機の中で見た映画4本は充実していました。以下、簡単な紹介。

「キングダム・オブ・ヘブン」
リドリー・スコット監督の十字軍の遠征を舞台にした作品。ブッシュ批判の側面が強い作品で、キリスト教とイスラム教の争いの無益さを痛烈に批判しているように感じます。戦争シーンも迫力満点でありながら、人間同士の争いの醜さと業がにじみ出ているすばらしい構成です。イスラム軍は、映画「影武者」の武田の騎馬隊を意識しているようですね。
女優エバ・グリーンの存在感も良かった。

「ショーシャンクの空に」
スティーブン・キング物のなかでも、一番良い作品という気がします。ここでも、モーガン・フリーマンの存在感が光ります。

「バットマン・ビギンズ」
アメリカ人はバットマン好きですね。これはかなりの力作で、ちょっとアニメっぽい仕上がりのバートン監督のシリーズよりも負のイメージを格好良く出し、感じ良くみられました。渡辺謙さんも良かったです。

「奥様は魔女」
シリアスなニコール・キッドマンは苦手で、コメディーがとても彼女にあっています。彼女は器用すぎるので、演技力が求められるコメディーは非常に良くマッチしています。美しすぎる美貌がまた良いところで、本格的にコメディアンヌになれば良いと思うのですが...現在、キッドマンはウォン・カーウェイの映画を撮っているようなのですがどうなることやら...東洋的な美しさとは違うので浮いてしまうことを心配しています。
[PR]
by coyabu | 2005-10-14 12:43 | 日記
アイ,ロボット

刑事物+近未来SF

I, ROBOT
(2004年/アメリカ)
監督:アレックス・プロヤス
評価:★★★☆☆

感想>>More
[PR]
by coyabu | 2005-10-08 13:32 | 映画(あ行)
一体なんという気候なんでしょうか

先週から米国のワイオミング州に仕事の関係で滞在しているのですが、先週は30℃を越す暑さだったのに、一昨日は雪で-6℃まで冷え込んでいます。外での仕事なので体が悲鳴をあげている状態で、Blogを書いている余裕もありません。
[PR]
by coyabu | 2005-10-07 13:51 | 日記
情婦

巧みなストーリーと演出

WITNESS FOR THE PROSECUTION
(1957年/アメリカ)
監督: ビリー・ワイルダー
評価:★★★★☆

感想>>More
[PR]
by coyabu | 2005-10-07 13:43 | 映画(さ行)
荒野の決闘

2人の男と2人の女の物語

My Darling Clementine
(1946年/アメリカ)
監督:ジョン・フォード
評価:★★★★☆

感想>>More
[PR]
by coyabu | 2005-10-01 14:52 | 映画(か行)