このブログについて
評価は独断と偏見に基づき、以下のように判断しています。

★★★★★必ず見るべし
★★★★☆良い映画です
★★★☆☆見る価値有り
★★☆☆☆趣味が合えば
★☆☆☆☆お薦めしません

画像をクリックするとアマゾンのサイトが開きます。

間違いや誤記を見つけたら以下のメールにこっそり連絡ください。
coyabu@excite.co.jp
ライフログ
Coming soon

アクセス解析
10ミニッツ・オールダー RED

ビクトル・エリセ監督作品に感動です。

TEN MINUTES OLDER: THE TRUMPET
(2002年/イギリス/ドイツ/スペイン/オランダ
   /フィンランド/中国)
評価:★★★★☆




内容紹介:
この映画は、15人の映画監督が時間を題材として、10分の映画をとったものです。7人の監督による「RED」と8人の監督による「GREEN」と2つのシリーズにわかれています。「RED」の劇場公開用タイトルは、日本では「人生のメービウス」、英語タイトルは「THE TRUMPET」となっています。

感想:
個人的にはGREENの方がわかりやすく、楽しめました。REDのほうも良作ぞろいです。とにかく、ビクトル・エリセの作品がすごすぎます。
以下に、感想を一言、各監督への期待が大きかったので、ちょっと辛口になっています。

アキ・カウリスマキ / 『結婚は10分で決める』
すいません、よく、理解できませんでした。

ビクトル・エリセ / 『ライフライン』
REDとGREEN通しても、この作品は突出して良く、頼むから、長編を見せてくださいと直接お願いにいきたくなります。「マルメロの陽光」以来10年以上の歳月を経てたった10分というのは、あまりに、むごい仕打ちです。今まで食べたことのない、とてつもなくおいしい前菜を食べた後、メインを食べさせてもらえないという感じでしょうか。価値有る10分です。

ヴェルナー・ヘルツォーク / 『失われた一万年』
まさしく、ドキュメンタリー、この取材は大変だったと思います。

ジム・ジャームッシュ / 『女優のブレイクタイム』
女優の貴重な、怠惰な、騒々しい10分を、リアルに表現しています。

ヴィム・ヴェンダース / 『トローナからの12マイル』
ヴェンダースらしいと言えば、らしいのですが、なんか物足りなさを感じました。

スパイク・リー / 『ゴアVSブッシュ』
緊張感あふれる10分です。良くできていますが、周りの作品からはあまりにも異質すぎますし、10分にまとめるような題材なのかちょっと疑問です。

チェン・カイコー / 『夢幻百花』
中国の急激な変化を捉えた作品、最後のCGは別の方法があったように思うのですが。
[PR]
by coyabu | 2005-02-23 18:49 | 映画(た行)
<< キル・ビル Vol.2 おひなさま >>