このブログについて
評価は独断と偏見に基づき、以下のように判断しています。

★★★★★必ず見るべし
★★★★☆良い映画です
★★★☆☆見る価値有り
★★☆☆☆趣味が合えば
★☆☆☆☆お薦めしません

画像をクリックするとアマゾンのサイトが開きます。

間違いや誤記を見つけたら以下のメールにこっそり連絡ください。
coyabu@excite.co.jp
ライフログ
Coming soon

アクセス解析
トーク・トゥ・ハー

癖になりそうです。

talk to her
2002年/スペイン
監督:ペドロ・アルモドバル
評価:★★★★☆




ストーリー:
植物状態の若くて美しい女性アリシア(レオノール・ワトリング)。看護士のベニグノは4年間彼女を世話し続けている。女闘牛士のリディアもまた競技中の事故で昏睡状態に陥っている。失墜の中にいるリディアの恋人マルコ。そんなベニグノとマルコは病院で、互いの境遇を語り合う中で次第に友情を深めていくのだったが、ベニグノは大きな問題を引き起こす。

感想:
ペドロ・アルモドバル監督作品は始めてみましたが、癖になりそうな独特の世界でした。ストーリー展開と個性的な人物像に引き込まれます。途中で挿入される、バレーや無声映画のセンスが非常によく、悲しい話を忘れさせてしまう遊び心が感じられます。

内容は、賛否両論、好き嫌いがはっきり分かれると思います。身勝手な男達、でも結局恋愛は一方通行と思ってしまいました。アリシア役のレオノール・ワトリングはとても美しく、植物状態という難しい役なのですが、非常に強い存在感があります。ベニグノがつい魔がさしてしまうもの仕方ないと、男なら思ってしまいます。(女性から見ると、やっぱ、嫌なんだろうな?)

映像がとても美しく、強い色使いが、スペインの強い光と重なり、つい見とれてしまいます。込み入ったストーリーですが、非常にわかりやすくまとめられ、複雑さを感じさせません。
非常に難しいところで、バランスを保っている作品です。
[PR]
by coyabu | 2005-01-30 18:35 | 映画(た行)
<< ショコラ 気になる作品たち。 >>